[目次]  [前へ]  [次へ]

第1章 第2節 1 (4)女性の有配偶率は5割弱だが上昇傾向

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

1 高齢者の家族と世帯

(4)女性の有配偶率は5割弱だが上昇傾向

65歳以上の高齢者の配偶関係についてみると、平成22(2010)年における有配偶率は、男性80.6%に対し、女性は48.4%である。女性の高齢者の約2人に1人が配偶者ありとなっており、その割合は上昇傾向にある。また、未婚率は男性3.6%、女性3.9%、離別率は男性3.6%、女性4.6%となっており、いずれも上昇傾向となっている(図1-2-1-7)。

[目次]  [前へ]  [次へ]