[目次]  [前へ]  [次へ]

第1章 第2節 2 (4)世帯主が65歳以上の世帯では、一人当たりの支出水準は全世帯平均を上回る

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

2 高齢者の経済状況

(4)世帯主が65歳以上の世帯では、一人当たりの支出水準は全世帯平均を上回る

世帯主の年齢階級別の世帯人員一人当たりの1年間の支出は、世帯主が60~69歳の世帯が132.7万円で、70歳以上は126.9万円である。世帯主が65歳以上の世帯の支出は全世帯の平均を上回っている(図1-2-2-6)。

また、60歳以上の高齢者の支出に関する意識(優先的にお金を使いたいと考えているもの)をみてみると、「健康維持や医療介護のための支出」(42.8%)、「旅行」(38.2%)、「子どもや孫のための支出」(33.4%)の順になっている(図1-2-2-7)。

[目次]  [前へ]  [次へ]