[目次]  [前へ]  [次へ]

第1章 第2節 2 (3)高齢者の所得格差は他の世代と比べて大きいが、縮小傾向

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

2 高齢者の経済状況

(3)高齢者の所得格差は他の世代と比べて大きいが、縮小傾向

世帯員の年齢階級別の所得のジニ係数1(不平等度を測る指標)をみると、60歳以上のジニ係数の水準は他の年齢階級と比べて高い。すなわち60歳以上の人の間の所得の格差は他の年齢層に比べて大きいが、平成14(2002)年及び17(2005)年と比べると、20(2008)年では75歳以上以外では低下した。一方、40~49歳といった勤労世代については逆に上昇した(図1-2-2-5)。

図1-2-2-5 年齢階級別ジニ係数(等価所得)

(注1)ジニ係数とは、分布の集中度あるいは不平等度を示す係数で、0に近づくほど平等で、1に近づくほど不平等となる。
[目次]  [前へ]  [次へ]