平成22年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況
平成23年度 交通安全施策に関する計画
(概要)

I 現況の概要

第2編 海上交通

第1章 海難等の動向

1 平成22年中の海難等及び海難救助の状況

<1> 海難船舶数は2,395隻であった。うち880隻の自力入港を除く1,515隻中,1,334隻が救助された。また,海難船舶乗船者1万3,198人のうち,8,759人の自力救助を除く4,439人中,4,364人が救助された。

<2> 海難による死者・行方不明者数は103人,船舶からの海中転落による死者・行方不明者数は94人であった。

<3> 海難による死者・行方不明者数,船舶からの海中転落による死者・行方不明者数ともに漁船によるものが最も多く,それぞれ全体の78%,63%を占めている。


海難船舶隻数及びそれに伴う死者・行方不明者数の推移

2 平成22年中のプレジャーボート等の海難等及び海難救助の状況

<1> プレジャーボート等の海難船舶隻数は1,057隻であった。うち212隻の自力入港を除く845隻中772隻が救助された。


※ プレジャーボート
モーターボート,ヨット,水上オートバイ等個人がレジャーに用いる小型船舶。スポーツ又はレクリエーションに用いられるヨット,モーターボート等の船舶の総称。

<2> プレジャーボート等の海難船舶隻数は前年より18隻減少し,海難船舶隻数全体の44%を占めている。