第1編 陸上交通 第1部 道路交通 第2章 道路交通安全施策の現況
第8節 研究開発及び調査研究の充実

目次]  [前へ]  [次へ

第1編 陸上交通

第1部 道路交通

第2章 道路交通安全施策の現況

第8節 研究開発及び調査研究の充実
1 道路交通の安全に関する研究開発の推進

(1)内閣府本府関係の調査研究

次期交通安全基本計画を検討するために必要となる現行の第10次交通安全基本計画の評価をより適切に行うため,交通安全基本計画の総合的な効果分析手法に関する調査研究を実施した。また,世界一安全な道路交通を実現するため,我が国よりも人口10万人あたりの交通事故死者数が少ない国における交通安全対策に関する優良事例等を収集・分析する調査を実施した。

(2)警察庁関係の研究

ア 高度道路交通システム(ITS)に関する研究開発の推進

交差点において刻々と変化する車両や人の通行に応じた情報提供を行うため,電波を活用して連続的に車載機に情報提供を行う安全運転支援システム(DSSS)の高度化に向けた研究開発を実施した。

イ 高速道路における速度差が大きい交通事故に関する研究

高規格の高速道路における効果的な事故防止対策に資するため,車両相互の速度差が大きい状態で発生した交通事故の特徴と,その原因を明らかにするための研究を実施した。

ウ 効果的な交通警ら活動に関する研究

軽微な交通違反を抑制し交通秩序を改善するための交通警ら活動の効果的な方法を見出すことを目的として,交通警ら活動を実験的に行い,運転者の行動と交通事故件数に与える影響を検証した。

エ 運転者支援システムに関する交通事故の解析技術に関する研究

運転者支援システムを搭載した車両の事故の鑑定手法を確立するため,実車により交通事故再現実験を実施して各種データ及び事故映像等を収集・解析し,運転者支援システムの制御が従来の鑑定手法に与える影響を検証した。

(3)総務省関係の研究

歩行者事故低減のための歩車間通信技術の開発や,天候や時間帯に左右されずに車両や歩行者等を検知可能な高い分解能を有する79GHz帯高分解能レーダーの研究開発を実施した。

また,通信を活用した自動運転を実現するための通信要件・仕様案の検討や,十分な精度の衛星測位が難しい場所においても高精度に車や歩行者の位置を推定可能なシステムの検討を実施した。

さらに,ITU(国際電気通信連合)2019年世界無線通信会議(WRC-19)議題「ITS用周波数の国際的あるいは地域的調和」等に向けての審議を促進するとともに,引き続き我が国の優れたITS無線システムの技術を国際標準に位置付けるべく新規規格に関する提案を行うなど,積極的に国際標準化活動を行った。

(4)文部科学省関係の研究

国立研究開発法人防災科学技術研究所は,各種気象レーダーを活用した局地的豪雨・強風の新しい監視・予測技術,集中的な豪雪を監視するシステム,吹雪・雪崩・着雪等の雪氷災害を予測するシステムとハザードマップ作成手法の開発を推進した。

(5)経済産業省関係の研究

主要国におけるITSに関する技術開発や標準化動向を踏まえ,ISO(国際標準化機構)の国際会議において我が国から提案中の国際規格原案の審議を促進するとともに,新規規格原案の追加提案を行うなど,積極的に国際標準化活動を行った。

(6)国土交通省関係の研究

ア 国土交通省本省の研究

(ア) 道路管理の情報化

道路管理の効率化や交通の信頼性確保の観点からの情報化を推進した。地理情報システム(GIS)の標準化動向を見極めつつ,道路関係データの形式の統一化,データベースの整備など道路交通全般にわたり共通して道路情報を効率的に利用,提供できる環境整備を推進した。

(イ) 安全運転の支援

平成28年度より開始した第6期先進安全自動車(ASV)推進計画において,産学官連携の下,路肩退避型等発展型ドライバー異常時対応システムを始めとする技術や実用化されたASV技術の普及戦略等について検討を行った。

イ 国土技術政策総合研究所の研究

(ア) 高度道路交通システムに関する研究開発

最先端のITを活用して人・道路・車両を一体のシステムとして構築するITSに係る研究開発を行うとともに,これまで開発・普及してきた各種ITSシステムの共通的な基盤の構築,国内ITS技術の国際標準化の推進等を積極的に行った。

1 道路交通情報提供・収集の高度化

高精度な道路交通情報の提供・収集のため,プローブ情報の収集及びプローブ情報の活用による道路交通情報提供の高度化を図る研究開発を行った。また,ETCのほか,渋滞回避支援や安全運転支援に関する情報提供を行うETC2.0サービスを推進するなど,着実な取組を実施した。

2 安全運転の支援

全国の高速道路上に設置された約1,700か所の路側機を活用し,画像や音声を用いた前方障害物情報提供などの様々な安全運転支援を行うETC2.0サービスを推進するなど,着実な取組を実施した。

3 国際標準化の推進等

効率的なアプリケーション開発,国際貢献,国内の関連産業の発展等を図るため,ISO等の国際標準化機関において,国内のITS技術の国際標準化を推進するとともに,既存の国際標準との整合を図った。さらに,平成29年10月にモントリオールで開催されたITS世界会議等の国際会議や二国間レベルでの情報交換を行うなど,国際協調活動を推進した。

(イ) 道路空間の安全性向上に資する研究

交通安全対策のより効果的,効率的な実施に資するために,PDCAサイクルに基づく交通事故対策マネジメントの効率化に関する研究,交通事故対策の事故削減効果分析に基づく効果的な事故対策の推進に関する研究,安全・安心な自転車通行空間の設計・整備に関する研究,科学的分析に基づく生活道路の交通安全対策に関する研究を実施した。

ウ 気象庁気象研究所等の研究

道路交通の安全に寄与する気象情報等の精度向上を図るため,気象庁気象研究所を中心に,気象・地象・水象に関する基礎的及び応用的研究を行っている。主な研究は,以下のとおりである。

(ア) 台風・集中豪雨等対策の強化に関する研究

気象災害を防止・軽減するために,予報・警報等の防災気象情報を避難等防災活動の早期準備や迅速・的確な実施に対して一層活用可能なものにしていくことを目的として,台風・集中豪雨等の災害をもたらす現象に対する観測・解析技術及び予測技術の高度化に関する研究を行った。

(イ) 地震・津波・火山対策の強化に関する研究

地震,津波及び火山に関する防災情報をより的確なものとし,それらによる災害を,防止・軽減するために,発生した現象の推移をより的確に観測・解析する技術を開発するとともに,地震の予知技術,地震動,津波及び火山噴火の予測技術の高精度化を進めた。

エ 独立行政法人交通安全環境研究所の研究

(ア) 歩行者─自動車間の通信型安全運転支援システムに係る研究

自動走行システムにおける協調型の運転支援技術のため,歩行者─自動車間の直接通信を用いた運転支援技術に関する性能要件を検討するための実証実験等を実施した。

(イ) 車両安全対策の効果評価のためのシミュレーション手法の開発

車両,ドライバー,道路及び交通流等の要素を総合的に取り入れ,実際の交通環境をリアルに再現できるプログラムを構築し,各種安全技術の事故低減率等を定量的に評価できる手法の検討を行った。

オ 国立研究開発法人土木研究所の研究

(ア) 積雪寒冷地における道路・舗装構造等に関する研究

冬期路面対策として,路面凍結予測情報の提供と路面状態の定量評価等の冬期路面管理手法の検討及び非塩化物系の凍結防止剤の開発等の路面凍結対策技術の検討を行った。

(イ) 積雪寒冷地における重大事故防止に関する研究

北海道特有の郊外部での重大事故や積雪寒冷地における気象条件に起因する交通事故の要因分析を実施し,大型車に対応したランブルストリップスの規格を整備ガイドラインに反映させるとともに,ワイヤロープ式防護柵の施工・維持管理技術などの車線逸脱事故対策の検討・開発を行った。また,吹雪時にドライバーの判断を支援する視程障害予測技術の検討,吹雪対策施設の性能向上に関する検討を行った。

※ランブルストリップス
道路区画線に沿って凹型のくぼみを連続して配置し,これを踏んだ車両に不快な振動や音を発生させ,車線を逸脱したことを警告する交通事故対策。

写真 ワイヤロープ式防護柵の性能確認試験。ダンプトラックが防護柵に接触している
2 道路交通事故原因の総合的な調査研究の充実強化

道路交通法の交通事故調査分析センターの指定を受けている(公財)交通事故総合分析センターは,官民それぞれが実施する交通安全対策をより一層効果的なものとし,安全で快適な交通社会の実現に寄与するため,交通事故と人・道・車に関する各種の分析・調査研究を行った。

同センターでは,交通事故,運転者,道路,車両等に関する各種データを統合したデータベースを作成し,幹線道路において事故が多発している地点を抽出するなど,交通安全対策に直結する多角的な統計分析を行った。

交通事故の原因をより総合的かつ科学的に検討するために,実際の交通事故現場への臨場や医療機関との連携による事故例調査について,茨城県つくば市と土浦市周辺及び東京都内で実施するとともに,その他の道府県でも,高速道路における逆走事案等を対象として実施するなど,マクロ,ミクロ両面からの総合的な交通事故分析・調査研究を進めた。

目次]  [前へ]  [次へ