別添参考
参考-3 道路交通事故交通統計24時間死者,30日以内死者及び30日死者の状況の比較

目次]  [戻る]  [次へ

警察庁では,交通事故発生後24時間以内に死亡した者(24時間死者)の数について昭和21年から集計しているが,国際的な比較を行うため,交通事故発生から30日以内に死亡する者(30日以内死者)の統計が必要となったことから,平成5年からは,24時間死者に交通事故発生から24時間経過後30日以内に死亡した者(30日死者)を加えた「30日以内死者」の集計を行っている。

1 24時間死者数と30日以内死者数の比較

(1)30日以内死者数は4,431人で,昨年より減少した。

30日以内死者数に占める24時間死者数の割合をみると,近年は,横ばいで推移している(第1表)。

第1表 24時間死者と30日以内死者の推移
19年 20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年 28年 29年
24時間死者
(A)
5,796 5,209 4,979 4,948 4,691 4,438 4,388 4,113 4,117 3,904 3,694
30日以内死者
(B)
6,695 6,079 5,840 5,828 5,535 5,261 5,165 4,838 4,885 4,698 4,431
899 870 861 880 844 823 777 725 768 794 737
(A)/(B) 86.6% 85.7% 85.3% 84.9% 84.8% 84.4% 85.0% 85.0% 84.3% 83.1% 83.4%

注 警察庁資料による。

(2)30日以内死者数を交通事故発生から死亡までの経過日数別(発生日を初日とし計算)にみると,交通事故発生から24時間以内に死亡した者が全体の83.4%(3,694人)を占めている。

その後は,4日以内で全体の約9割を占め(3,969人,累積構成率89.6%),10日以内で累積構成率は95.3%(4,223人)に達している(第1図)。

第1図 事故発生後の経過日数別30日以内死者累積構成率(平成29年)。1日で83.4%、4日で89.6%、10日で95.3%となっている

2 30日死者数の特徴(単年)

(1)年齢層別の状況と特徴

30日死者の年齢層別の構成率についてみると,65歳以上(65.9%)の占める割合が24時間死者(65歳以上,54.7%)に比べ高い割合を示している(第2図)。

第2図 年齢層別死者数の構成率(平成29年)。24時間死者は65歳以上が6割近くを占めている。30日死者は65歳以上が6割以上を占めている

また,平成19年から28年の推移をみると,29年と同様の傾向を示している(第3図)。

第3図 年齢層別死者数(65歳以上)の構成率の推移(平成19〜29年)。いずれも微増または横ばい傾向にある
(2)状態別の状況と特徴

30日死者の状態別の構成率についてみると,自転車乗用中(26.7%)の占める割合が24時間死者(自転車乗用中,13.0%)に比べ高い割合を示している。一方,自動車乗車中(22.0%)の占める割合は24時間死者(自動車乗車中,33.1%)に比べ低い割合を示している(第4図,第2表)。

第4図 状態別死者数の構成率(平成29年)。24時間死者は歩行中、自動車乗車中が7割近くを占めている。30日死者は歩行中、自転車乗用中が7割近くを占めている
第2表 年齢層別・状態別にみた24時間死者数と30日死者数の比較(平成29年)
  死亡時間・日 24時間死者 30日死者 構成率の差
状態   (a)構成率(%) (b)構成率(%) (a)-(b)
15歳以下 自動車乗車中 22 32.8 3 20.0 12.8
自動二輪車乗車中 3 4.5 0 0.0 4.5
原付自転車乗車中 0 0.0 0 0.0 0.0
自転車乗用中 13 19.4 6 40.0 -20.6
歩行 28 41.8 6 40.0 1.8
その 1 1.5 0 0.0 1.5
67 100.0 15 100.0
16~24歳 自動車乗車中 107 39.2 13 37.1 2.1
自動二輪車乗車中 92 33.7 11 31.4 2.3
原付自転車乗車中 23 8.4 3 8.6 -0.1
自転車乗用中 19 7.0 5 14.3 -7.3
歩行 32 11.7 3 8.6 3.2
その 0 0.0 0 0.0 0.0
273 100.0 35 100.0
25~64歳 自動車乗車中 513 38.5 41 20.4 18.1
自動二輪車乗車中 305 22.9 26 12.9 9.9
原付自転車乗車中 73 5.5 11 5.5 0.0
自転車乗用中 122 9.1 63 31.3 -22.2
歩行 315 23.6 60 29.9 -6.2
その 6 0.4 0 0.0 0.4
1,334 100.0 201 100.0
65歳以上 自動車乗車中 579 28.7 105 21.6 7.1
自動二輪車乗車中 48 2.4 9 1.9 0.5
原付自転車乗車中 88 4.4 29 6.0 -1.6
自転車乗用中 326 16.1 123 25.3 -9.2
歩行 972 48.1 220 45.3 2.9
その 7 0.3 0 0.0 0.3
2,020 100.0 486 100.0
合計 自動車乗車中 1,221 33.1 162 22.0 11.1
自動二輪車乗車中 448 12.1 46 6.2 5.9
原付自転車乗車中 184 5.0 43 5.8 -0.9
自転車乗用中 480 13.0 197 26.7 -13.7
歩行 1,347 36.5 289 39.2 -2.7
その 14 0.4 0 0.0 0.4
3,694 100.0 737 100.0

注 警察庁資料による。

また,平成19年から28年の推移をみると,29年と同様の傾向を示している(第5図)。

第5図 状態別死者数(自動車乗車中及び自転車乗用中)の構成率の推移(平成19~29年)。いずれも横ばい傾向にある
(3)損傷主部位別の状況と特徴

30日死者の損傷主部位別の構成率についてみると,頭部(65.9%)の占める割合が24時間死者(頭部,42.0%)に比べ高い割合を示している。一方,胸部(5.6%)の占める割合は24時間死者(胸部,26.1%)に比べ低い割合を示している(第6図)。

第6図 損傷主部位別死者数の構成率(平成29年)。24時間死者は頭部、胸部で7割近くを占めている。30日死者は頭部で7割近くを占めている

また,平成19年から28年の推移をみると,29年と同様の傾向を示している(第7図)。

第7図 損傷主部位別死者数(頭部及び胸部)の構成率の推移(平成19~29年)。いずれも横ばい傾向にある

目次]  [戻る]  [次へ