目次]  [戻る]  [次へ

第2節 暮らし

1.住まいの状況

在宅の身体障害者(18歳以上)の住まいとしては、8割以上が本人又は家族の持ち家に住んでおり、借家や借間等の割合は少ない。

在宅の知的障害者(18歳以上)の住まいとしては、自分の家やアパートが8割以上を占めるが、知的障害者のための支援付きの住まいであるグループホームや通勤寮を利用している人もいる。

外来の精神障害者の住まいとしては、約4分の3が家族と同居しており、一人暮らしは2割弱となっている。このほか精神障害者のための支援付きの住まいであるグループホームや福祉ホーム等を利用している者、高齢者のための老人福祉施設を利用している人もいる。

■ 図表1-12 身体障害者の住まいの状況(18歳以上)(在宅)
単位:%
自身の持ち家 家族の持ち家 民間賃貸 社宅等 公社・公団等 その他(借間等) 回答なし
51.7 30.6 6.4 0.4 7.6 1.8 1.5
資料: 厚生労働省「身体障害児・者実態調査」(平成18年)
■ 図表1-13 知的障害者の住まいの状況(18歳以上)(在宅)
単位:%
自宅の家やアパート 会社の寮 グループホーム 通勤寮 その他 不詳
82.0 0.3 8.9 0.1 7.5 1.1
資料: 厚生労働省「知的障害児(者)基礎調査」(平成17年)
■ 図表1-14 精神障害者の住まいの状況(外来)
単位:%
家族と同居 ひとり暮らし 福祉ホーム等 グループホーム 老人福祉施設 その他
76.8 17.9 1.3 1.7 0.5 1.8
資料: 厚生労働者「精神障害者社会復帰サービスニーズ等調査」(平成15年)
目次]  [戻る]  [次へ