ボトルネック課題研究会 成果報告

趣旨

 地球温暖化問題に対する世界共通の長期目標である「パリ協定」の「2℃目標(更に1.5℃へ向けた努力)」を実現するためにはイノベーションの創出が不可欠であり、我が国においても、2016年4月19日、内閣府総合科学技術・イノベーション会議において、温室効果ガスの抜本的な排出削減を実現するイノベーション創出に向けて、我が国が進めていくべき有望な技術分野を特定した「エネルギー・環境イノベーション戦略」を決定しました。

本戦略で掲げられている有望技術は実用化まで長期間を要することが予想されるとともに、そもそもどのようなシーズに着目し研究開発を進めていけばよいのかが予見しづらいなどの理由により、国としてもプロジェクト創生、優先付けなどが極めて難しく、産業界においても、短期間での利益が見通しづらく、参入リスクが極めて高いという面をもっています。しかし、我が国としても、「パリ協定」を遵守し、世界における温室効果ガス排出削減に貢献していくためには、産学官の総力を結集し、より効果的、より効率的に研究開発を推進していく必要があります。

このため、内閣府では、今年度、上記有望分野に対応する様々な技術を冷静に俯瞰しつつ、今後産学官で優先的に研究開発を進めていくべきボトルネック課題を抽出することを目的として産学官研究者を中心とした「ボトルネック課題研究会」を立ち上げ、今年度「二酸化炭素の有効利用及び派生技術」をテーマに議論を行ってきました。 今年度の成果として、有望技術の技術課題(ボトルネック)に関する研究開発の方向性と、技術課題に関する包括的調査報告書を掲載します。

ボトルネック課題研究会 公開ワークショップ開催報告

 内閣府では、「エネルギー・環境イノベーション戦略」を推進するため、今年度「ボトルネック課題研究会」を設置し、「二酸化炭素の有効利用及び派生技術」をテーマに議論を行ってきました。これまで本研究会で議論してきました内容を産学官に向けて広く情報発信するため、「ボトルネック課題研究会 公開ワークショップ「CO2からの化学製品生産~ボトルネックと展望~」」を2月14日(火)TKP御茶ノ水カンファレンスセンターにて開催されました。

午前中は、主催者からの挨拶・研究会背景説明後、5件の講演、午後は、5件の講演とパネルディスカッションを行いました。各講演とパネルディスカッション後の質疑応答は活発に行われました。一般来場者は募集人数を上回る約160名と大盛況でした。


黒田亮内閣府審議官の開会挨拶


梅北栄一内閣府企画官の概要説明


公開ワークショップに約160名参加


パネルディスカッション

プログラム

   
9:30~9:35

主催者挨拶
  内閣府 黒田審議官

9:35~9:50

研究会背景
ボトルネック課題研究会の議論について
内閣府 梅北栄一企画官

9:50~10:10

10:10~10:30

炭素循環必要性、CO2利用技術全体像
・化学産業原料多様化、炭素循環の必要性について
  早稲田大学理工学術院 松方 正彦氏
・ICEFロードマップ
エネルギー総合工学研究所 黒沢 厚志氏

10:30~11:00

11:00~11:30

炭素循環に資する個別技術1
・CO2からメタノール合成についての課題
  産業技術総合研究所 藤谷 忠博氏
・高度炭素・水素循環に資する革新的反応・分離のためのCxHyOz制御科学
科学技術振興機構 研究開発戦略センター 尾山 宏次氏

11:30~12:00

水素調達1
・水素製造技術比較(再エネ由来水素と化石由来水素比較)
  エネルギー総合工学研究所 塙 雅一氏

13:00~13:20

13:20~13:40

水素調達2
・革新的な水素製造技術
 —メタン熱分解による水素製造
  産業技術総合研究所 髙木 英行氏
 —プロトン伝導性酸化物を用いた高純度水素電解
  京都大学 宇田 哲也氏

13:40~14:10

炭素循環に資する個別技術2
・人工光合成技術と低濃度CO2利用技術
  東京工業大学理学院 石谷 治氏

14:10~14:40


14:40~15:00

CO2排出LCA分析等
・東レリサーチセンター調査結果概要
 —CO2を使った有望プロセスのCO2排出削減効果分析 他
  東レリサーチセンター 小島 正彦氏
・バイオマス利用による化学品製造及びCO2排出LCA分析
 —CO2を使った有望プロセスのCO2排出削減効果分析 他
  東京大学大学院 菊地 康紀氏

15:10~16:30

パネルディスカッション
・モデレーター
    早稲田大学  松方 正彦氏
・パネリスト
    東京工業大学  石谷 治氏
    東京大学  菊池 康紀氏
    三菱ケミカル  瀬戸山 亨氏
    産業技術総合研究所  藤谷 忠博氏
    千代田化工建設  細野 恭生氏
    アイシーラボ  室井 高城氏
    東京大学大学院  菊地 康紀氏
・テーマ
 —化学産業をめぐる原料・需給の環境変化とそれに伴う原料多様化の必要性について
 —CO2の適用先の議論
 —安価な水素調達の現状と見通し、環境変化、およびメタンの活用
 —バイオマスvs CO2(二酸化炭素排出LCA、コスト)
 —当面注力すべき技術・ボトルネック課題(短期、中長期)
 —化学プロセス一般にも通じる技術課題(熱利用、電気化学、分離技術)
 —その他

16:30~16:32

閉会
  内閣府 梅北栄一企画官