平成22年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況
平成23年度 交通安全施策に関する計画
(概要)

II 計画の概要

第1部 陸上交通の安全についての施策

第2章 鉄道交通の安全についての施策

1 鉄道交通環境の整備

鉄道交通の安全を確保するためには,鉄道線路,運転保安設備等の鉄道施設について常に高い信頼性を保持し,システム全体としての安全性の基礎を構築する必要がある。このため,鉄道施設の維持管理等の徹底を図るとともに,運転保安設備の整備,鉄道構造物の耐震性の強化等を促進し,安全対策の推進を図る。

<1> 鉄道施設の点検と整備
<2> 運転保安設備の整備
<3> 鉄道の地震対策の強化

2 鉄道の安全な運行の確保

重大な列車事故を未然に防止するため,運転士の資質の保持,事故情報及びリスク情報の分析・活用,地震発生時の安全対策,気象情報等の充実を図る。また,鉄道事業者への保安監査等を実施し,適切な指導を行うとともに,万一大規模な事故等が発生した場合には,迅速かつ適確に対応する。

<1> 運転士の資質の保持
<2> リスク情報の分析・活用
<3> 気象情報等の充実
<4> 鉄道事業者に対する保安監査等の実施
<5> 大規模な事故等が発生した場合の適切な対応