科学技術基本法
科学技術基本計画
科学技術関係予算
国際的とりくみ
産学官連携
研究開発評価
その他
大臣のメッセージ
大臣記者会見要旨
組織案内
パンフレット
5分でわかる最新の科学技術
総合科学技術会議トップページへ

岸田大臣の第8回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合出席について 
【平成19年12月18日】

写真1 会合の様子(1)
会合の様子(1)
写真2 会合の様子(2)
会合の様子(2)
写真2 中国 国家原子能機構(CAEA) 孫勤主任とのご歓談
中国 国家原子能機構(CAEA) 孫勤主任とのご歓談

 
写真1 各国代表による記念撮影
各国代表による記念撮影

 平成19年12月18日(火)、岸田大臣は会合議長として、アジア10か国の原子力を所管する大臣級代表者による第8回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合に出席しました。その他、我が国より、近藤原子力委員会委員長、田中委員長代理等が出席するとともに、内閣府原子力政策担当室の丸山室長、西川次長はじめ、文部科学省、外務省、経済産業省の担当官並びに、町 FNCA日本コーディネータが参加しました。会合では、2007年度のFNCA活動の報告や、今後のFNCA活動に対する討議、さらには「持続的発展に向けた原子力エネルギーの平和利用に関するFNCA共同コミュニケ」の署名式等が行われました。
 共同コミュニケは、(1)2013年以降の地球温暖化対策の枠組みにおいて、原子力発電の導入を促進し、原子力発電をクリーン開発メカニズム(CDM)等の対象とすべきこと、また、(2)原子力発電の利用は、核不拡散、原子力安全、核セキュリティの確保が大前提である旨について再確認し、地域として今後協力して取り組みを行っていくこととしています。地域としてこのような共同コミュニケを発出したのは世界でも初めてであり、大変意義あることです。今後、共同コミュニケのメッセージは、地球環境問題が話し合われる国際会議等において発信していくこととなりました。

【参考】会合当日採択された文書は下記の通り。

 ・第8回FNCA大臣級会合サマリー(PDF)
 ・第8回FNCA大臣級会合決議(PDF)
 ・持続的発展に向けた原子力エネルギーの平和利用に関するFNCA共同コミュニケ(PDF)

内閣府  科学技術政策・イノベーション担当
ウェブサイト・アクセシビリティについて個人情報保護方針について
東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎第4号館 TEL:03-5253-2111(代表)
(C) Bureau of Science and Technology,Innovation Policy,Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.