内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  沖縄政策

沖縄政策

沖縄振興

 内閣府では、沖縄の抱えている歴史的、地理的、社会的な特殊事情に鑑み、様々な沖縄振興策を実施しています。
 また、沖縄は、成長するアジアの玄関口に位置付けられるなど、大きな優位性と潜在力を有していることから、これらを生かし、日本経済活性化のフロントランナーとなることを目指しています。

まずはこちらをご覧ください。- 政府が進める沖縄振興の概要 -

写真で見る沖縄政策

玉城沖縄県知事から要請書を受け取る宮腰大臣 平成30年10月8日~9日
   宮腰大臣の沖縄訪問

   平成30年10月8日から9日にかけて、宮腰沖縄担当大臣は就任後初めて沖縄県を訪問し、故翁長雄志元沖縄県知事県民葬に参列するとともに、玉城沖縄県知事や新里県議会議長・赤嶺副議長と意見交換を行いました。


豆記者からの琉球舞踊の披露 平成30年8月1日
   第57次沖縄豆記者団等による表敬訪問・取材活動

   平成30年8月1日、第57次沖縄豆記者団等(小・中学生から成る記者団)63名が安倍内閣総理大臣及びあかま内閣府副大臣を表敬訪問し、内閣府沖縄担当部局へ取材活動を行いました。


新着情報

平成30年9月21日
平成30年度北部振興事業の実施について(第5回)(PDF形式:215KB)別ウインドウで開きます
平成30年9月10日
第15回沖縄科学技術大学院大学学園の今後の諸課題に関する検討会の開催について(PDF形式:208KB)別ウインドウで開きます
平成30年8月31日
平成31年度沖縄担当部局概算要求・要望及びそれに係る福井大臣コメントを公表しました

リンク

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)