統合イノベーション戦略

【閣議決定】統合イノベーション戦略

統合イノベーション戦略推進会議

「統合イノベーション戦略」(平成30年6月15日閣議決定)に基づき、イノベーションに関連が深い司令塔会議である総合科学技術・イノベーション会議、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部、知的財産戦略本部、健康・医療戦略推進本部、宇宙開発戦略本部及び総合海洋政策本部並びに地理空間情報活用推進会議について、横断的かつ実質的な調整を図るとともに、同戦略を推進するため、内閣に統合イノベーション戦略推進会議(以下「会議」という。)を設置する。

策定の経緯

我が国において、科学技術イノベーションは成長戦略の重要な柱と位置付けられており、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が司令塔となり、「科学技術イノベーション総合戦略」を毎年策定し、施策の重点化等を着実に実行してきました。

第5期科学技術基本計画が策定されてから3年目を迎え、

○世界で想像を超えたイノベーションが進展し、ゲーム構造が一変し、過去の延長線上の政策では世界に勝てないとの問題意識のもと、

○第5期科学技術基本計画(Plan)・科学技術イノベーション総合戦略2017(Do)の取組を評価(Check)し、今後とるべき取組(Action)を提示すること、

○硬直的な経済社会構造から脱却、我が国の強みを活かしつつ、Society 5.0の実現に向けて「全体最適な経済社会構造」を柔軟かつ自律的に見出す社会を創造すること、

○そのため「世界水準の目標」「論理的道筋」「時間軸」を示し、基礎研究から社会実装・国際展開までを「一気通貫」で実行するべく「政策を統合」すること、

○イノベーション関連の司令塔機能強化を図る観点から「統合イノベーション戦略推進会議」を2018年夏を目途に設置し、横断的かつ実質的な調整・推進機能を構築すること

が必要であると認識し、

◇政策の統合により、知・制度・財政の基盤三本柱を改革・強化しつつ、我が国の制度・慣習を柔軟に「全体最適化」すること

◇「世界で最もイノベーションに適した国」を実現し、各国が直面する課題の解決モデルを我が国が世界に先駆けて提示すること

を基本的な考え方とする「統合イノベーション戦略」を策定することとしました。

<総合科学技術・イノベーション会議における議論>

  1. 平成29年11月16日 (第32回) 「生産性革命」に資する科学技術イノベーション
  2. 平成29年12月25日 (第34回) 統合イノベーション戦略(仮称)の策定に向けて
  3. 平成30年1月30日 (第35回) 「イノベーション戦略調整会議」の開催について(決定)
  4. 平成30年4月5日 (第38回) 統合イノベーション戦略の策定に向けて
  5. 平成30年6月14日 (第39回) 統合イノベーション戦略の策定について(諮問・答申)

<イノベーション戦略調整会議における議論>

  1. 平成30年2月2日 (第1回) 統合イノベーション戦略の策定に向けて
  2. 平成30年3月19日 (第2回) 「統合イノベーション戦略」の策定に向けて早急に検討調整すべき事項
  3. 平成30年6月5日 (第3回) 統合イノベーション戦略(素案) について

<政策討議における議論>

  1. 平成29年10月5日 「エビデンスに基づく科学技術イノベーション政策の立案」(政策討議)
  2. 平成29年10月12日 「バイオ戦略策定に向けて」(バイオテクロジーによるイノベーションを促進する上での課題及び戦略策定について)(政策討議)
  3. 平成29年11月2日 研究力向上・大学改革について(政策討議)
  4. 平成29年11月9日 Society 5.0実現に向けた戦略的重要課題について(政策討議)
  5. 平成29年11月16日 Society 5.0実現に向けた戦略的重要課題について(政策討議)
  6. 平成29年11月29日 大学改革・産学連携(政策討議)
  7. 平成30年1月18日 環境エネルギー・水素戦略(政策討議)
  8. 平成30年1月25日 オープンサイエンス(政策討議)
  9. 平成30年2月1日 AI・人工知能(政策討議)
  10. 平成30年2月15日 政府事業におけるイノベーション化の推進(政策討議)
  11. 平成30年2月28日 農業(政策討議)
  12. 平成30年2月28日 環境エネルギー・水素戦略(第2回)(政策討議)
  13. 平成30年3月15日 大学改革・産学連携・研究力向上(政策討議)
  14. 平成30年4月5日 創業(政策討議)

<平成30年6月15日 閣議決定>

統合イノベーション戦略の構成

統合イノベーション戦略の構成は以下のようになっています。

はじめに
(1)第5期基本計画・総合戦略2017の位置付け
(2)現状評価と統合イノベーション戦略の必要性
(3)新たな戦略形成プロセスと体制

第1章 総論
(1)第5期基本計画・総合戦略2017の取組状況
(2)世界の潮流
(3)ゲームチェンジ下における我が国の強み
(4)統合戦略の基本的考え方
(5)今後の課題

第2章 知の源泉
(1)Society 5.0実現に向けたデータ連携基盤の整備
(2)オープンサイエンスのためのデータ基盤の整備
(3)エビデンスに基づく政策立案/大学等法人運営の推進

第3章 知の創造
(1)大学改革等によるイノベーション・エコシステムの創出
(2)戦略的な研究開発(SIP、PRISM、ImPACT)

第4章 知の社会実装
(1)創業
(2)政府事業・制度等におけるイノベーション化の推進

第5章 知の国際展開
(1)SDGs達成のための科学技術イノベーション(STI for SDGs)の推進

第6章 特に取組を強化すべき主要分野
(1)AI技術
(2)バイオテクノロジー
(3)環境エネルギー
(4)安全・安心
(5)農業
(6)その他の重要な分野

関連リンク