健康・医療

健康・医療戦略推進法(平成26年法律第48号)に基づき、政府が講ずべき健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業創出に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための計画(健康・医療戦略)の推進を図るため、内閣に健康・医療戦略推進本部が設置されています。
内閣府では、健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業の総合的かつ計画的な推進を図るための基本的な政策並びに医療分野の研究開発及びその環境の整備に関する予算、人材その他の資源の配分の方針に関する事務等を担当しています。

組織情報

健康・医療戦略推進本部(首相官邸ホームページへ)別ウィンドウで開きます

健康・医療戦略推進事務局

次世代医療基盤法

医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(平成29年法律第28号)(略称「次世代医療基盤法」)は、医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関し、匿名加工医療情報作成事業を行う者の認定、医療情報及び匿名加工医療情報等の取扱いに関する規制等を定めることにより、健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業創出を促進し、もって健康長寿社会の形成に資することを目的として、平成29年5月に公布、平成30年5月に施行されました。

国民・患者の方はこちら

医療情報取扱事業者(医療機関、介護事業所、地方公共団体等)の方はこちら

利活用者の方はこちら

制度の概要

関係法令・通知・事務連絡

次世代医療基盤法に基づく事業者の認定

次世代医療基盤法第30条第1・2項に基づく届出

広報

関連情報・関連サイト

お問い合わせ窓口

略称「次世代医療基盤法」について
本法は、デジタルデータを活用した次世代の医療分野の研究、医療システム、医療行政を実現するための基盤として、デジタル化した医療現場からアウトカムを含む多様なデータを大規模に収集・利活用する仕組みを設けるものです。このような仕組みは次世代医療の基盤であることから、「次世代医療基盤法」という略称としています。

日本医療研究開発機構担当室

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

医療分野の研究開発における基礎的な研究開発から実用化のための研究開発までの一貫した研究開発の推進等を総合的かつ効果的に行うため、医療分野研究開発推進計画(健康・医療戦略推進法(平成26年法律第48号)第18条第1項に規定する医療分野研究開発推進計画をいう。)に基づき、大学等の研究機関の能力を活用して行う医療分野研究開発等の業務を行うことを目的として、平成27年4月1日に設立された法人です。文部科学省、厚生労働省、経済産業省とともに内閣府が所管しています。

日本医療研究開発機構審議会

<日本医療研究開発機構に関するお問い合わせ先>
内閣府
日本医療研究開発機構担当室
〒100-0014
東京都千代田区永田町1‐11‐39 永田町合同庁舎4F
電話番号 03-3539-2641(直通)

所管法令等

※「e-Gov 法令検索」に移動します。