研究開発プロジェクト

ムーンショット型研究開発制度のプログラムディレクター(PD)、プロジェクトマネージャー(PM)、研究開発プロジェクトは以下の通りです。

ムーンショット目標1
2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

PD:萩田 紀博(大阪芸術大学 学科長・教授)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
誰もが自在に活躍できるアバター共生社会の実現 石黒 浩
大阪大学
PDF:1,360KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
身体的能力と知覚能力の拡張による身体の制約からの解放 金井 良太
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
PDF:1,304KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発 南澤 孝太
慶應義塾大学
PDF:1,346KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
生体内サイバネティック・アバターによる健康・医療の実現 新井 史人
東京大学
アバターを安全かつ信頼して利用できる社会の実現 新保 史生
慶應義塾大学
M×Nマルチペアリング型無線プラットフォームの研究開発 松村 武
情報通信研究機構
ナノ・マイクロバイオアバターが拡張するバイオ秩序の共創フロンティア 山西 陽子
九州大学

ムーンショット目標1紹介ページはこちら

ムーンショット目標2
2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

PD:祖父江 元(愛知医科大学 理事長・学長)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
複雑臓器制御系の数理的包括理解と超早期精密医療への挑戦 合原 一幸
東京大学
PDF:1,312KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
生体内ネットワークの理解による難治性がん克服に向けた挑戦 大野 茂男
順天堂大学
PDF:1,365KBPDFを別ウィンドウで開きます
恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服 片桐 秀樹
東北大学
PDF:1,499KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
臓器連関の包括的理解に基づく認知症関連疾患の克服に向けて 高橋 良輔
京都大学
PDF:1,408KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
ウイルス-人体相互作用ネットワークの理解と制御 松浦 善治
大阪大学
PDF:1,344KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ

ムーンショット目標2紹介ページはこちら

ムーンショット目標3
2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

PD:福田 敏男(名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
一人に一台一生寄り添うスマートロボット 菅野 重樹
早稲田大学
PDF:1,477KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
多様な環境に適応しインフラ構築を革新する協働AIロボット 永谷 圭司
東京大学
PDF:1,613KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
人とAIロボットの創造的共進化によるサイエンス開拓 原田 香奈子
東京大学
PDF:1,311KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
活力ある社会を創る適応自在AIロボット群 平田 泰久
東北大学
PDF:1,920KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
AIロボットにより拓く新たな生命圏 上野 宗孝
宇宙航空研究開発機構
人と融和して知の創造・越境をするAIロボット 牛久 祥孝
オムロンサイニックエックス株式会社
ありたい未来を共に考え行動を促すAIロボット 大武 美保子
理化学研究所
進化型群知能による確率的空間認識と協調建築作業 國井 康晴
中央大学
主体的な行動変容を促すAwareness AIロボットシステム開発 下田 真吾
理化学研究所
人・AIロボット・生物サイボーグの共進化による新ひらめきの世界 森島 圭祐
大阪大学
月面探査/拠点構築のための自己再生型AIロボット 吉田 和哉
東北大学

ムーンショット目標3紹介ページはこちら

ムーンショット目標4
2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

PD:山地 憲治(地球環境産業技術研究機構 理事長)

(1)温室効果ガスを回収、資源転換、無害化する技術の開発

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
電気エネルギーを利用し大気CO2を固定するバイオプロセスの研究開発 加藤 創一郎
産業技術総合研究所
PDF:856KBPDFを別ウィンドウで開きます
大気中からの高効率CO2分離回収・炭素循環技術の開発 児玉 昭雄
金沢大学
PDF:755KBPDFを別ウィンドウで開きます
電気化学プロセスを主体とする革新的CO2大量資源化システムの開発 杉山 正和
東京大学
PDF:722KBPDFを別ウィンドウで開きます
C4S*研究開発プロジェクト
* C4S:Calcium Carbonate Circulation System for Construction (建設分野の炭酸カルシウム循環システム)
野口 貴文
東京大学
PDF:665KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
冷熱を利用した大気中二酸化炭素直接回収の研究開発 則永 行庸
名古屋大学
PDF:799KBPDFを別ウィンドウで開きます
大気中CO2を利用可能な統合化固定・反応系(quad-C system)の開発 福島 康裕
東北大学
PDF:915KBPDFを別ウィンドウで開きます
“ビヨンド・ゼロ”社会実現に向けたCO2循環システムの研究開発 藤川 茂紀
九州大学
PDF:719KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
資源循環の最適化による農地由来の温室効果ガスの排出削減 南澤 究
東北大学
PDF:655KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ

(2)窒素化合物を回収、資源転換、無害化する技術の開発

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて 川本 徹
産業技術総合研究所
PDF:894KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
窒素資源循環社会を実現するための希薄反応性窒素の回収・除去技術開発 脇原 徹
東京大学
PDF:667KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ

(3)生分解のタイミングやスピードをコントロールする海洋生分解性プラスチックの開発

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
非可食性バイオマスを原料とした海洋分解可能なマルチロック型バイオポリマーの研究開発 伊藤 耕三
東京大学
PDF:762KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
生分解開始スイッチ機能を有する海洋分解性プラスチックの研究開発 粕谷 健一
群馬大学
PDF:657KBPDFを別ウィンドウで開きます
光スイッチ型海洋分解性の可食プラスチックの開発研究 金子 達雄
北陸先端科学技術大学院大学
PDF:673KBPDFを別ウィンドウで開きます

(補足)
ムーンショット型研究開発制度に係る戦略推進会議(令和2年7月29日開催)では、「炭素、窒素、プラスチック」の分類で各プロジェクトを整理したが、今般の公表においては「温室効果ガス、窒素化合物、プラスチック」の分類で各プロジェクトを整理している。

ムーンショット目標4紹介ページはこちら

ムーンショット目標5
2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

PD:千葉 一裕(東京農工大学 学長)

(1)食料供給の拡大と地球環境保全を両立する食料生産システム

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
サイバーフィジカルシステムを利用した作物強靭化による食料リスクゼロの実現 藤原 徹
東京大学
PDF:564KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
土壌微生物叢アトラスに基づいた環境制御による循環型協生農業プラットフォーム構築 竹山 春子
早稲田大学
PDF:957KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
藻類と動物細胞を用いたサーキュラーセルカルチャーによるバイオエコノミカルな培養食料生産システム 清水 達也
東京女子医科大学
PDF:858KBPDFを別ウィンドウで開きます
先端的な物理手法と未利用の生物機能を駆使した害虫被害ゼロ農業の実現 日本 典秀
京都大学
PDF:416KBPDFを別ウィンドウで開きます
牛ルーメンマイクロバイオーム完全制御によるメタン80%削減に向けた新たな家畜生産システムの実現 小林 泰男
北海道大学
PDF:852KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ

(2)食品ロス・ゼロを目指す食料消費システム

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
地球規模の食料問題の解決と人類の宇宙進出に向けた昆虫が支える循環型食料生産システムの開発 由良 敬
お茶の水女子大学
PDF:596KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
フードロス削減とQoL向上を同時に実現する革新的な食ソリューションの開発 中嶋 光敏
筑波大学
PDF:448KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
自然資本主義社会を基盤とする次世代型食料供給産業の創出 高橋 伸一郎
東京大学
PDF:1,062KBPDFを別ウィンドウで開きます

ムーンショット目標5紹介ページはこちら

ムーンショット目標6
2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

PD:北川 勝浩(大阪大学 大学院基礎工学研究科 教授)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
誤り耐性型量子コンピュータにおける理論・ソフトウェアの研究開発 小芦 雅斗
東京大学
PDF:1,403KBPDFを別ウィンドウで開きます
量子計算網構築のための量子インターフェース開発 小坂 英男
横浜国立大学
PDF:1,403KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
イオントラップによる光接続型誤り耐性量子コンピュータ 高橋 優樹
沖縄科学技術大学院大学
PDF:1,356KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
誤り耐性型大規模汎用光量子コンピュータの研究開発 古澤 明
東京大学
PDF:1,355KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
大規模集積シリコン量子コンピュータの研究開発 水野 弘之
株式会社日立製作所
PDF:1,352KBPDFを別ウィンドウで開きます
ネットワーク型量子コンピュータによる量子サイバースペース 山本 俊
大阪大学
PDF:1,332KBPDFを別ウィンドウで開きます
超伝導量子回路の集積化技術の開発 山本 剛
日本電気株式会社
PDF:1,342KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
ナノファイバー共振器QEDによる大規模量子ハードウェア 青木 隆朗
早稲田大学
大規模・高コヒーレンスな動的原子アレー型・誤り耐性量子コンピュータ 大森 賢治
自然科学研究機構
スケーラブルな高集積量子誤り訂正システムの開発 小林 和淑
京都工芸繊維大学
拡張性のあるシリコン量子コンピュータ技術の開発 樽茶 清悟
理化学研究所
スケーラブルで強靭な統合的量子通信システム 永山 翔太
慶應義塾大学

ムーンショット目標6紹介ページはこちら

ムーンショット目標7
2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現

PD:平野 俊夫(量子科学技術研究開発機構 理事長)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
ミトコンドリア先制医療 阿部 高明
東北大学
PDF:498KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
組織胎児化による複合的組織再生法の開発 栗田 昌和
東京大学
PDF:455KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
炎症誘発細胞除去による100歳を目指した健康寿命延伸医療の実現 中西 真
東京大学
PDF:573KBPDFを別ウィンドウで開きます
病気につながる血管周囲の微小炎症を標的とする量子技術、ニューロモデュレーション医療による未病時治療法の開発 村上 正晃
北海道大学
PDF:582KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ
睡眠と冬眠:2つの「眠り」の解明と操作が拓く新世代医療の展開 柳沢 正史
筑波大学
PDF:499KBPDFを別ウィンドウで開きます 移動ページ

ムーンショット目標7紹介ページはこちら

ムーンショット目標8
2050年までに、激甚化しつつある台風や豪雨を制御し極端風水害の脅威から解放された安全安心な社会を実現

PD:三好 建正(理化学研究所 計算科学研究センター チームリーダー)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
社会的意思決定を支援する気象-社会結合系の制御理論 澤田 洋平
東京大学
安全で豊かな社会を目指す台風制御研究 筆保 弘徳
横浜国立大学
ゲリラ豪雨・線状対流系豪雨と共に生きる気象制御 山口 弘誠
京都大学
気象制御のための制御容易性・被害低減効果の定量化 小槻 峻司
千葉大学
台風下の海表面での運動量・熱流束の予測と制御 高垣 直尚
兵庫県立大学
局地的気象現象の蓋然性の推定を可能にする気象モデルの開発 西澤 誠也
理化学研究所
大規模自由度場のセンサ/アクチュエータ位置最適化と非直交・非線形最適制御則の構築 野々村 拓
東北大学
台風制御の予測と監視に不可欠な海の無人機開発 森 修一
海洋研究開発機構

ムーンショット目標8紹介ページはこちら

ムーンショット目標9
2050年までに、こころの安らぎや活力を増大することで、精神的に豊かで躍動的な社会を実現

PD:熊谷 誠慈(京都大学 人と社会の未来研究院 准教授)

研究開発プロジェクト PM 研究開発概要 ホームページ
仏教・機械・脳科学で実現する安らぎと慈しみの境地 今水 寛
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
多様なこころを脳と身体性機能に基づいてつなぐ「自在ホンヤク機」の開発 筒井 健一郎
東北大学
データの分散管理によるこころの自由と価値の共創 橋田 浩一
理化学研究所
脳指標の個人間比較に基づく福祉と主体性の最大化 松元 健二
玉川大学
逆境の中でも前向きに生きられる社会の実現 山田 真希子
量子科学技術研究開発機構
Awareness Musicによる「こころの資本」イノベーション 山脇 成人
広島大学
子どもの好奇心・個性を守り、躍動的な社会を実現する 菊知 充
金沢大学
食の心理メカニズムを司る食嗜好性変容制御基盤の解明 喜田 聡
東京大学
こころの可視化と操作を可能にする脳科学的基盤開発 内匠 透
神戸大学
被虐待児、虐待加害、世代間連鎖ゼロ化社会 友田 明美
福井大学
AIoTによる普遍的感情状態空間の構築とこころの好不調検知技術の開発 中村 亨
大阪大学
「私たちの子育て」を実現する代替親族制のための情報社会基盤の開発 細田 千尋
東北大学
楽観と悲観をめぐるセロトニン機序解明 宮崎 勝彦
沖縄科学技術大学院大学

ムーンショット目標9紹介ページはこちら