障害者施策の総合的な推進
-基本的枠組み-

 障害者施策については、全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現することが重要です。
 このため、「障害者基本法」に基づき策定された「障害者基本計画」に即して、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策の総合的かつ計画的な推進に政府一体で取り組むとともに、幅広い国民の理解を得られるよう、積極的な広報・啓発活動を進めています。
 また、平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」の運用の実効性を高めていくため、関係機関と連携しつつ、広く社会にその取組を働きかけていきます。

障害者基本法

障害者基本計画(第4次計画 平成30年度~平成34年度)

障害者基本計画(第3次計画 平成25年度~平成29年度)

障害を理由とする差別の解消の推進

詳細はこちらをご覧ください。

障害者制度改革の推進のための基本的な方向について(平成22年6月29日閣議決定)

障害者制度改革の推進のための基本的な方向について(第二次)(平成23年3月15日閣議決定)

障害者に係る欠格条項の見直し